• ホーム
  • なんだかムズムズする・・・性器ヘルペスの症状と特徴

なんだかムズムズする・・・性器ヘルペスの症状と特徴

危険なウィルス

性器ヘルペスの症状は、単純ヘルペスが原因で性器周辺に水ぶくれなどの症状が発症することです。初感染で症状が出ることもあれば、不顕性感染でウイルスに感染していても一定の潜伏期間を経てから発症することがあります。もちろん最初の感染で症状が出てから一旦治療になり、神経に潜んだウイルスが潜伏期間を経て再発することもあるので、必ずしも同じように症状がでたりするということではないと覚えておくと良いでしょう。不顕性感染もあるため、感染していたとしても無自覚であることも多いため、性行為で体液の付着で感染しますが、オーラルな行為でも感染が拡大するので、粘膜だけではなくて手に症状が出たりすることもあります。初感染してからの再発は1年以内に発症することが多いので、初めて感染したと思ったときには治療を終えてもその後の経過を見守ることが大切です。性器ヘルペスはなんだかかゆいような気がするというようなちょっとした違和感から始まり、様子を見ているうちに症状が酷くなっていったりもします。自分が無自覚でいたために性行為をして体液や粘膜の接触でウイルスが拡大し、お互いにさらにヘルペスの症状が酷くなっていくというような悪循環になってしまいます。症状が出る部位は、男性の場合は外性器の先端や包皮、体部分やお尻の周辺です。女性だと外陰部や膣の入り口周り、お尻周辺に出てくることが多いので、かゆみなどがでてきたらどの部位が気になるのか自分でも確認しておくことにより不用意な接触を減らし、原因を排除するためにもしっかりと確認しておきましょう。どちらかと言うと性器ヘルペスは女性が感染しやすいのですが、その原因として感染しやすい粘膜部分で覆われているためだとも言われています。男女ともに性行為をするときには注意が必要ですし、移さないように配慮するのはもちろんですが、移されないように気をつけることも重要になってきます。初感染で症状が出た時には水ぶくれが酷くなると、ただれたりすることもありますし、灼熱感や痛みを伴ったり、場合によっては38度近い発熱があるときもあります。改善しても再発することは誰にでもあることなので、心身の疲労や、月経などのホルモンバランスの影響を受けると思って過ごしてみてください。妊娠中に感染してしまったりすると、胎児にまで感染してしまって死産になってしまうこともあるので、たかがヘルペスと思わずに、すぐに病院に相談をして対処を仰ぎましょう。