• ホーム
  • トリコモナスはセックス以外にも感染経路がある

トリコモナスはセックス以外にも感染経路がある

トリコモナスの症状は、男女ともに自覚できないことが多いので、感染しているかどうかということに気が付かないことも少なくありません。感染の原因である原虫も肉眼で見ることができないほどのサイズなので、感染した本人でも良く分からないというのがつらいところです。若年層だけでなく、ある程度上の年齢層でも感染しているのが一つの特徴なのですが、これは家庭内感染をするほど感染経路が多いということが理由の一つに挙げられます。主な感染源はやはり性行為が一番多いのですが、性交経験がなかったとしても家庭で使っている共有しているタオルがあったりすると、男女共に感染する可能性があるので十分に注意しなくてはいけません。便器や浴槽なども感染経路になるので、性交経験の有無に限らず、男女共に家庭内感染もありうるのだと覚えておくと良いでしょう。トリコモナスに感染してしまうと、細菌の発生しやすい状態になりやすいのですが、症状が分かりにくいため、普段からタオルなどの雑貨や便器など共用部分は特に清潔な状態を保てるように心がけたいものです。女性が悪化させてしまった場合には、酷くなってしまうと不妊症や流産などの原因になってしまうことがあります。治療の際にはメトロニダゾールを配合した商品名フラジールが使われます。ピンポン感染をすることも多いので、パートナーどちらかに感染が分かったときには二人で治療を進めていくことになります。原虫を見たりすることはできなくても、体調の変化や細菌に感染したかもしれないというようなちょっとした変化が感じられるときには病院で診察をしてもらい、フラジールを処方してもらってメトロニダゾールで対処をしていきましょう。感染経路が多いので驚くかもしれませんが、日常的な部分でかなり感染する可能性があるので、常日頃から予防を意識して家にある雑貨類等を使っていく必要があります。タオルはそれぞれ個人で利用できるようにするほうが良いですし、便器や浴槽の状態は綺麗な状態を保てるように掃除を当番制にしたりするだけでもよりよい効果が期待できます。厄介なのは性交経験がなかったとしても感染してしまう可能性があるので、小さなお子さんがいたりする家庭の場合には細心の注意を払う必要があります。性交渉をしなかった場合でも感染してしまうというのは困ってしまうものですが、家族で健康に過ごしていくためにも家庭内感染をしないような配慮はするようにしましょう。