• ホーム
  • 性病治療によく使用されるクラビットの効果とは?

性病治療によく使用されるクラビットの効果とは?

性病といっても、その原因となるものは、それぞれ異なります。このため、適した治療薬を用いることで完治したり症状を抑えることが可能になります。性病治療に使われるクラビットは抗生物質のひとつで、主成分にレボフロキサシンを含んでいます。レボフロキサシンそのものは様々な細菌感染症に対して殺菌効果があるもので、細菌性の病気に対する治療でも幅広く治療に用いられています。またレボフロキサシンは、安全性が高く他の抗生物質と併用して使うことができるため、治療困難な細菌が原因の病気に使われるものです。投与は錠剤による経口摂取のほか注射や点眼剤にも使用されています。このようなクラビットですが性病治療でも細菌が原因によるものに使用されるものです。その中でも特にクラミジア治療に盛んに用いられます。クラミジアは感染すると尿道炎や膣炎などを引き起こしますが、症状は人によって左右されます。特に男性は尿道炎の自覚症状があるためわかりやすいですが、女性は無症状なことが多いものです。しかし、放置しておくと不妊症の原因になりますし、その他の性感染症への感染率が上がるため早期に対応することが必要なことになります。クラビットを使用するメリットとしては1日1回で使用する量に関しても少量で済ませることができ、副作用のリスクが小さく安全で患者に負担をかけずに作用することです。治療では錠剤による経口摂取のほか注射が用いられますが、気軽に治療するのであれば錠剤が便利な方法です。ただ日本では処方箋薬であるため、病院でしか手に入れることができませんから、病院以外で手に入れようとした場合には海外からの個人輸入という手段になります。クラビットは販売から時間が経っているのでジェネリックも発売されており、より安価で手に入れることが可能で、そのひとつがレボクインです。レボクインは、クラビットと同じレボフロキサシンが配合されており、同様の効果を発揮します。クラビットは、広範囲の細菌に作用する抗生物質ですから、さまざまな病気に用いられているものです。適応される菌類としては一般的なブドウ球菌のほか緑膿菌にも作用します。また性病ではクラミジアの原因となるクラミジア類や淋病の原因となる淋菌などにも有効です。特に緑膿菌などは普遍的に存在している細菌ですから、海外に行く際には常備薬として携帯しておけば、医療設備が整っていない地域でも安心して過ごすことができます。